トイレの節水に注意

また、節水をすることでトイレのつまりの原因になることがあります。これは、トイレタンクに水を入れたペットボトル等を沈めているご家庭を時々見かけることがありますが、トイレというのは、メーカーが適量な水が流れるように精密に計算されています。そこに極端な節水方法を用いることで、排泄物等を流す、トイレの本来の目的である水量が足りず、流しきれずに溜まっていくことで、結果つまりの原因になってしまいます。せっかく節水をしても、トイレがつまることで、業者に依頼することになり、結局お金を支払うことになっては、本末転倒になりかねませんので、極端な節水には注意が必要です。

ラバーカップトイレの節水を含め、つまりにはいろいろな原因が考えられます。すぐに解決できれば良いですが、長い間つまった状態で放置したり、無理に解決しようとしたりすると、より状態が悪化することがあります。すぐに業者を呼んで対応してもらっていれば簡単に済んだ修理も、大掛かりな工事が必要になって大変なことになる可能性もありますので、ラバーカップ等、ある程度の解決法を試した後、無理だと判断された場合には、早めに信頼できる水回りトラブル対応業者に修理を依頼することをお勧めします。

 

Pocket