トイレの節水に注意

また、節水をすることでトイレのつまりの原因になることがあります。これは、トイレタンクに水を入れたペットボトル等を沈めているご家庭を時々見かけることがありますが、トイレというのは、メーカーが適量な水が流れるように精密に計算されています。そこに極端な節水方法を用いることで、排泄物等を流す、トイレの本来の目的である水量が足りず、流しきれずに溜まっていくことで、結果つまりの原因になってしまいます。せっかく節水をしても、トイレがつまることで、業者に依頼することになり、結局お金を支払うことになっては、本末転倒になりかねませんので、極端な節水には注意が必要です。

ラバーカップトイレの節水を含め、つまりにはいろいろな原因が考えられます。すぐに解決できれば良いですが、長い間つまった状態で放置したり、無理に解決しようとしたりすると、より状態が悪化することがあります。すぐに業者を呼んで対応してもらっていれば簡単に済んだ修理も、大掛かりな工事が必要になって大変なことになる可能性もありますので、ラバーカップ等、ある程度の解決法を試した後、無理だと判断された場合には、早めに信頼できる水回りトラブル対応業者に修理を依頼することをお勧めします。

 

Pocket

つまりの様々な原因

トイレットペーパートイレのつまりは頻繁に起こるトラブルですが、いくつか原因が考えられます。トイレに大量のトイレットペーパーを排泄物と流してしまった場合、配管内でつまりが生じてつまることが多々あります。トイレットペーパーは水に溶ける性質がありますが、大量に流すことで、溶けずにつまりの原因になってしまいます。次に多い原因は、水溶性ではない、ティッシュペーパーの流しすぎです

同じティッシュペーパーだから問題はないだろうと流してしまうと、こちらもやはり溶けませんので、つまりの原因になります。まず知っておくべき事は、トイレは何でも流してよい場所ではないという事。丁寧に扱うことで、長い期間使うことが可能となります。ゴミ箱ではありませんので、そこの認識をしっかり改めるようにしましょう。

その他の原因には、トイレクリーナーやお尻拭き等、大判で厚みのあるペーパーがあげられます。こちらも水に流せると書いてあっても、流しすぎるとつまりの原因になります。少し気をつけるだけで、快適な生活を維持することができますので、トイレを大切に使用することを忘れないようにしてください。他に、長く使用することで、経年劣化していることも原因になります。

Pocket

トイレのつまり解決法

キッチン、お風呂、洗面台、トイレといった家庭内の水回りの中で、最も多いトラブルは何かご存知でしょうか。おそらくほとんどの方が予想したと思いますが、トイレのつまりが一番多いトラブルとされています。誰もが毎日頻繁に使用する場所ですので、何かの拍子につまりが発生してしまうことは、どの家庭でも珍しいことではありません。しかしながら、珍しくないとは言え、いざトイレがつまってしまうと、大変不便であり、なかなか解消されない場合には、焦って対応を誤り、つまりを悪化させてしまう可能性があります。トイレのつまりに関してある程度日頃から想定しておいて、発生時には冷静に判断ができるようにつまった際にどうしたらよいか、予め準備をしておくと良いでしょう

トイレトイレの形状は様々で、またウォシュレットを使う家庭も多く、素人では対応できない程、複雑になっている場合もあります。トイレがつまった場合には、まず原因を突き止め、適切な対応を心がけましょう。トイレットペーパーや排泄物が原因だと分かっている場合には、比較的簡単に解決できる可能性が高い為、ラバーカップ(ゴム状の半球体に棒がついている吸い出しカップ)を試してみましょう。

あるいは、重曹を入れたお湯を溜めて1時間程置いておく等、トイレットペーパーのつまりには有効な手段です。簡単にできる解消法をいろいろ試した上で、それでも解消しない場合には、プロの業者に依頼するとよいでしょう。ここでは、つまりの原因等について説明します。

Pocket